テイルズ オブ ジ アビス 2008年10月より放送スタート!
ホーム ニュース オンエア情報 ストーリー キャラクター 商品紹介 スペシャル リンク
ストーリー

世界観紹介
ストーリー
各話あらすじ
12

マルクト帝国の首都、水の都グランコクマに到着したルーク達は、六神将のラルゴとシンクに急襲された。辛くも撃退するが、ガイはシンクに操られ、ルークを襲った。実はガイはホド出身のマルクト貴族で、ルークの父のファブレ公爵に一族を滅ぼされた恨みを持っていた。復讐を誓い公爵家に入り込んだガイ。そんなガイをルークは友として信じきるのだった。やがてピオニー皇帝に謁見したルーク達は、キムラスカ王国とマルクト帝国が一触即発状態にあることを知り、和平の為にも、崩落する可能性のあるセントビナーから人々を脱出させたいと申し出る。ピオニー九世の許可を得たルーク達はセントビナーへ到着するが、崩落は始まってしまう。

シナリオ/ 面出明美
絵コンテ/ 綿田慎也
演  出/ 綿田慎也
作画監督/ 野本正幸
カースロット ダアト式譜術のひとつ。記憶を揺り起こし、理性を麻痺させる術。導師にしか解けない。
宝刀ガルディオス ファブレ公爵がホド戦争で手に入れた戦利品。現在は、公爵家のエントランスに飾られている。元々はガルディオス伯爵家伝家の宝刀だった。
預言師スコアラー 人々に預言スコアを授ける職業のこと。第七音譜術士セブンスフォニマーの能力を持つ者だけがなれる。
ガルディオス伯爵家 ガイの生家。マルクト帝国の貴族の家柄だったが、ホド戦争で一族は全て滅ぼされたと思われていた。財産と権利はマルクト帝国の国庫に預けられている。
アルバート流 ガイの剣術の流派。ホド独特の盾を持たない剣技で、ユリアの弟子だったフレイル・アルバートが興した剣術。
セントビナー マルクト帝国領の城砦都市。アクゼリュス崩落の影響で、地盤沈下が進行し、魔界に崩落する危険が生じていた。ルーク達が住民救出に向かった、その時についに崩落が始まる。
かわいい方のジェイド ピオニーが飼っているブウサギの名前。他にもサフィール、ネフリー、アスランなど、友人や部下の名前が付けられている。
PREVNEXT
BACK
PAGETOP

バンダイナムコピクチャーズ (c)BNEI/BNP・バンダイビジュアル Original Character Design (c)藤島康介 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。SUNRISE